社会福祉法人馬島福祉会

MENU

今月の1枚

桜川公園花見1

花見といえば桜です

冬の寒さも少しづつ和らぎ、どこからか春の陽気を感じられるようになりました。
桜の花も咲きニュースをみるとあちこちで「お花見」の様子が流れる季節となりました。
現代ではお花見といえば「桜」が主流ですが、花見の習慣が始まった奈良時代ではその当時中国から入ってきた「梅」を鑑賞するものだったそうです。そして桜の種類でもよく目にする「ソメイヨシノ(染井吉野)」は、エドヒガン系の桜と日本固有種であるオオシマザクラの雑種の交配によって生まれた日本産の園芸品種ということだそうです。
今回の写真は小規模多機能ホーム「縁」(ゆかり)の「お花見」からです。ご利用者さまたちと川崎区桜本にある「桜川公園」に行ってきました。
公園全体にソメイヨシノや枝垂桜がほぼ満開状態で咲いている中で子どもたちと遊ぶ家族連れや宴を楽しむ大人たちなど公園を訪れたたくさんの人たちで賑わう中でお茶とおやつをいだだき長閑で楽しいひと時を過ごしました。ちなみに100円玉に掘ってある桜は「山桜」なんだそうです。お花見に同行した職員さんから教えてもらいました。
桜の花もそろそろ散り始めてしまいますが、次は散った花びらが路上や水面に広がる花筏(はないかだ)を探して楽しむのはいかがでしょうか。。。

※プライバシー保護のため一部画像処理を施しております。ご了承ください。

馬島福祉会について

馬島福祉会について

馬島福祉会は川崎市を拠点に、地域密着型の福祉サービスを提供する社会福祉法人です。「ご利用者のお一人おひとりにやすらぎ・安心・よろこびをもって生活していただく」という理念のもとより良い環境と地域づくりに貢献します。

施設案内

閉じる